診療部門のご案内

包括的がんセンター

包括的がんセンター長あいさつ

国際水準で最高の治療を

包括的がんセンター長 藤原恵一

2019年4月1日付けで埼玉医科大学国際医療センター・包括的がんセンター長を拝命いたしました。どうぞよろしくお願い申し上げます。
「包括的がんセンター」の使命は、がんの診断治療に関するありとあらゆる診療に取り組むとともに、現在解決されていない、予防、診断、治療の問題について高度な研究を行うことで、より有効な手段を開発することにあります。この責任を果たすべく、私どもは日夜努力を重ねております。その結果、2017年の院内がん登録数は4870名で、全国のトップ5位に入っています。多くの患者さんをご紹介頂いている地域の先生方には厚く御礼申し上げます。
さて、近年がんの診断・治療は色々な点で、とても多様化してきていますので、一部ではありますが、その現状と私たちの対応についてご紹介いたします。
まず、日本人の高齢化にともない、様々な合併症をもたれている患者さんが増えてきました。そのため、当院の心臓病センター、脳卒中センターなどと綿密な連携をとる体制を整えています。
また、新しい作用機序の抗癌剤の開発によって、これまでの抗癌剤とは異なった副作用に対応する必要が出てきましたので、副作用対策のエキスパートチームによる支援体制を整えました。
さらに、ゲノム医学の発達によって、これまでの臓器別の治療法選択から遺伝子解析結果に基づく治療法選択へと大きな流れが変ってきており、この状況にいち早く対応できるよう、ゲノム医療センターを設置し、遺伝子診断から治療への流れがスムースに行えるよう、診療体制を整備しております。また、個別化治療に向けた基礎、橋渡し、臨床研究を国際的レベルで遂行しております。
放射線機器や内視鏡技術の発達もめざましく、最新鋭の機器を用いた治療が可能となるよう新病棟を建設中です。 さて、私どもは平成31年4月1日から【地域がん診療連携拠点病院(高度)】として厚労省から指定されました。地域の先生方と協力しながら、より多くのがん患者さんに高度かつ適切ながん医療が提供できるよう取り組んでおります。
また、がん患者さんの就労支援、院内学級での学校教育の継続など、がん患者さんが社会生活を送りながら治療に取り組めるよう支援する体制を整えております。
今後も皆様方のご期待に添えるよう、がん診断治療の分野で最高の医療・支援が提供できるよう、スタッフ一同さらに精進して参りますので、ご指導、ご支援をよろしくお願いいたします。


各診療科