診療部門のご案内

骨軟部組織腫瘍科・整形外科

診療内容・専門分野

整形外科分野の腫瘍を専門に診療しています。良性・悪性・腫瘍類似疾患を対象としています。転移性骨腫瘍も含みます。診断・治療は関連部署と合同協議し確認します。当科は外科的治療が中心で、必要に応じて形成外科、外科などと共同手術を行っています。また原発不明・希少がん科、小児腫瘍科、腫瘍内科、放射線腫瘍科等も含むサルコーマセンター合同会議も行っています。外来は月、火、水曜日ですが、急ぎの場合は直接医師へご連絡下さい。セカンドオピニオンにも対応しております。


対象疾患

いわゆる整形外科の腫瘍および腫瘍類似疾患です。良性では非骨化性線維腫、線維性骨異形成、骨巨細胞腫、好酸球性肉芽腫、骨嚢腫、動脈瘤様骨嚢腫、脂肪腫、血管腫、神経鞘腫、色素性絨毛結節性滑膜炎、悪性では骨肉腫、軟骨肉腫、Ewing肉腫、脊索腫、脂肪肉腫、未分化神経外胚葉性腫瘍、滑膜肉腫、平滑筋肉腫などです。転移性骨腫瘍では癌全般が対象になります。原発不明癌骨転移の原発検索のご相談も承ります。


外来医師診療表

 
初診 鳥越 知明
(午後)
矢澤 康男
(午後)
矢澤 康男
(午前)

鳥越 知明
(午前)
-- -- --
午前 -- -- 矢澤 康男

鳥越 知明
-- -- 今西 淳悟
(第2週)
午後 鳥越 知明 矢澤 康男 -- -- -- --

実績

皆様の御協力で徐々に実績が向上しております。


紹介時のお願い

外来医いずれにご紹介頂いてもかまいません。腫瘍の診断がついていなくても結構です。悪性が疑われる場合は、生検はなさらないでご紹介下さい。検査で得られた画像は原則全てお送りください。また、患者さんに説明した内容もお知らせ頂けますと幸いです。


地域連携への取り組み

初期診断と最終診断は必ずご連絡いたします。ご連絡がなかったり、ご不明の点ありましたら遠慮なくお問い合わせ下さい。進行癌、特に転移性骨腫瘍では治療に限界があり、最終的に地元あるいは紹介先生の御世話になる場合がございます。また術後リハビリテーションをおねがいする場合もございます。その際は宜しくお願い申し上げます。


担当医師

診療部長、教授

矢澤 康男

専門分野
骨軟部腫瘍
主な資格
日本整形外科学会専門医、医学博士

副診療部長、教授

鳥越 知明

専門分野
骨軟部腫瘍、骨軟部腫瘍の画像診断、凍結自家骨移植、ナビゲーション手術
主な資格
日本整形外科学会専門医、医学博士

外来医師診療表

 
初診 鳥越 知明
(午後)
矢澤 康男
(午後)
矢澤 康男
(午前)

鳥越 知明
(午前)
-- -- --
午前 -- -- 矢澤 康男

鳥越 知明
-- -- 今西 淳悟
(第2週)
午後 鳥越 知明 矢澤 康男 -- -- -- --