診療部門のご案内

皮膚腫瘍科・皮膚科

診療内容・専門分野

当皮膚腫瘍科・皮膚科はとくに皮膚悪性腫瘍の診療を専門的に担当しています。皮膚悪性腫瘍にはいろいろな種類があり、メラノーマ、有棘細胞癌、基底細胞癌、乳房外パジェット病、ボーエン病、日光角化症、血管肉腫、皮膚付属器腫瘍などがあります。それぞれ治療法も異なりますので、皮膚生検や画像診断などにより的確な診断を行い、その診断に応じた適切な治療を行っています。とりわけメラノ-マは非常に悪性な腫瘍であり、また早期の診断も難しく、とくに専門的な診断・治療を必要とします。当科ではその早期診断に有用なダーモスコピー検査をはじめ、先進的な技術を要するセンチネルリンパ節検査も施行可能(保険適応)であり、全国的にもトップクラスの皮膚悪性腫瘍患者数の先進的専門的診療を施行しています。
また、全スタッフは皮膚科専門医の資格も有し、腫瘍性疾患以外の皮膚科疾患に対しても、診療は可能であり、とくに当院にて行われている診療に伴うさまざまな薬害反応による皮膚疾患や皮膚合併症の診断・治療も担当しています。


対象疾患

皮膚腫瘍科は皮膚腫瘍、すなわち皮膚がんの診断・治療を担当しています。一口に皮膚がんと言ってもいろいろな種類があり、それぞれ治療法も異なりますので、的確な診断を行い、適切な治療を行わなければなりません。とりわけ皮膚がんのなかでも、一般にメラノ-マ(悪性黒色腫)は非常に悪性であり、また早期の診断も難しく、専門的な診断・治療を必要とします。当科ではその診断に有用なダーモスコピー検査やセンチネルリンパ節検査(いずれも保険適応)が可能で、全国的にも高いレベルの専門的治療を行っています。
また、当院における治療に伴うさまざまな皮膚疾患や皮膚合併症の診断・治療も担当しています。


外来医師診療表

 
初診 山本 明史
(午前)
中村 泰大
(午前・午後)
-- -- 中村 泰大
(午前)
交代制
(午前)
午前 梅田 善康 中村 泰大 -- 山本 明史 寺本 由紀子 交代制
午後 石月 翔一郎 中村 泰大 -- 山本 明史
(セカンドオピニオン)
寺本 由紀子 交代制

実績


紹介時のお願い

患者さまご紹介の折は、患者さまに紹介状をお渡しいただき、予め病院予約センターに電話を入れて、診察の予約をとってから受診するようにお話いただければ幸いに存じます。

貴院にてすでに皮膚生検などを施行済の患者さまの場合、病理診断レポートのコピーだけではなく、必ず病理標本プレパラートも紹介状の封筒の中にお入れください。お借りいたしました病理プレパラートは用が済み次第、後日郵送にて返却させていただきます。


地域連携への取り組み

皮膚悪性腫瘍患者の治療後は、長期にわたる定期的なフォローアップが必要であることは言うまでもなく、その定期的なフォローアップを紹介医のもとへ積極的にお願いするようにしています。紹介医と密接な医療連携を構築して、患者さまの利益につなげたいと思っています。

また、日高皮膚疾患診療懇話会を春・秋年2回開催し、地域の医師にご参集いただき、そこで紹介症例の経過報告を行い、さらにいっそう地域医療連携を深め、ともに知識の向上を図る努力をしています。


担当医師

診療部長、教授

山本 明史

専門分野
皮膚腫瘍学、メラノーマ、インターフェロン
主な資格
皮膚科専門医、皮膚悪性腫瘍指導専門医、日本がん治療認定医機構暫定教育医

副診療部長、教授

中村 泰大

専門分野
皮膚腫瘍、皮膚外科、がん薬物療法
主な資格
皮膚科専門医、皮膚悪性腫瘍指導専門医、日本がん治療認定医

外来医長、講師

寺本 由紀子

専門分野
皮膚腫瘍、皮膚外科、がん薬物療法
主な資格
皮膚科専門医、皮膚悪性腫瘍指導専門医、日本がん治療認定医

助教

石月 翔一郎

専門分野
皮膚外科、化学療法、一般皮膚科

助教(臨床フェロー)

梅田 善康

専門分野
皮膚外科、化学療法、一般皮膚科

外来医師診療表

 
初診 山本 明史
(午前)
中村 泰大
(午前・午後)
-- -- 中村 泰大
(午前)
交代制
(午前)
午前 梅田 善康 中村 泰大 -- 山本 明史 寺本 由紀子 交代制
午後 石月 翔一郎 中村 泰大 -- 山本 明史
(セカンドオピニオン)
寺本 由紀子 交代制