診療部門のご案内

認知症ケアチーム

チームの紹介

2015年1月に改訂された新オレンジプラン(認知症施策推進総合戦略)で、高齢患者の増加に伴い、認知症を専門としない医療機関においても、認知症のある患者の行動・心理症状や身体合併症への適切な対応を求められるようになりました。
それに対応すべく、当院では2017年4月に、医師、看護師、医療ソーシャルワーカーなどの多職種で構成した認知症サポートチーム(以下、チーム)を設立し、認知症もしくは認知機能の低下があり、支援が必要と判断された患者のサポートを行っています。

チームで定期的に病棟を巡回し、各部署に配置されている認知症ケアリンクナースを中心とした病棟スタッフと共にサポート対象となった患者のカンファレンスを開催し、患者ケアの方法や薬の調節、退院後の生活支援などについて検討しています。また、職員に向けて認知症についての知識向上のため、認知症についてのオンライン学習、認知症ケアに関する勉強会、認知症ケアマニュアルの作成などを行っております。