診療部門のご案内

医療安全対策室

 当院では、医療法施行規則の一部を改正する省令(平成14年)に定める「医療に関わる安全対策をおこなう部門」として医療安全対策室を設置しています。医療安全に関する様々な事象に迅速かつ正確に対応するため、病院長の直轄組織としている事が特徴です。また、院内の各部署からはセーフティマネージャーが選出され、その部署の中心となって医療安全活動を実践しています。各セーフティマネージャーは医療安全対策室と協働し、また互いに緊密な連携を保ち、病院全体で安全な医療を提供できるよう努めています。
私たちは患者中心主義のもと、安心で安全な満足度の高い医療の提供を目指し、組織横断的に各部の安全管理に日々努めています。一方で安全な医療を行うためには、患者さん、ご家族のご協力も不可欠となります。何卒ご理解をいただきますようお願い申し上げます。

国際医療センターの医療安全管理体制

当院には病院長を委員長とする医療安全対策委員会があり、その実務遂行のための下部組織として医療安全対策小委員会、医療安全対策実務者会議、医療事故対策小委員会、診療基本マニュアル編集会議を設置し、さらに関連委員会及び関連部署(感染対策委員会、診療情報管理委員会、防災対策委員会、利用者苦情相談室等)と連携をとり医療安全対策活動を実施しています。医療安全対策室は、医療安全対策委員会が決定した方針に基づき、組織横断的に各部の安全管理を行っています。


国際医療センターの医療安全管理体制

 当院には病院長を委員長とする医療安全対策委員会があり、その実務遂行のための下部組織として医療安全対策部会、医療安全対策セーフティマネージャー部会、医療事故調査部会を設置し、さらに関連委員会及び関連部署(感染対策室、診療情報管理室、防災センター、利用者苦情相談室、医薬品安全管理委員会、医療機器安全管理委員会、放射線治療品質管理委員会等)と連携をとり医療安全対策活動を統括しています。医療安全対策室は、医療安全対策委員会が決定した方針に基づき、組織横断的に安全管理を行っています。
また、院内で新たに難度の高い医療技術を導入する場合や、保険診療で認められていない薬剤を使用する場合などは、それぞれ新規医療技術導入審査委員会、医薬品適用外審査委員会で厳重な審査を経てから実施されます


業務体制

 医療安全対策室には専従医師1名、兼任医師2名、専従看護師2名、専従薬剤師1名、専従臨床検査技師1名、専従臨床工学技士1名、兼任診療放射線技師1名、兼任理学療法士1名、兼任管理栄養士1名、事務員2名が在籍し、各職域から選出されたセーフティマネージャー約200名と協働して医療安全活動を行っています。


医療安全対策室の主な業務内容

職員への教育啓発活動

1.医療安全ラウンドの実施

医療安全対策室員は定期的に院内をラウンドし、安全手順の遵守状況を確認しています。
また、インシデントの報告を受けた場合は、必要に応じ現場に赴き、医療安全の視点から分析、指導を行います。

医療安全ラウンド
2.患者安全に関する職員教育

(ア)全職員を対象にした医療安全に関わる講習会
 全職員を対象にした医療安全に関わる講習会を定期的に実施しています。

(イ)インシデント事例分析手法の教育
 各セーフティマネージャーは、部署内で起こったニアミス・インシデント事例について、職場単位で根本原因分析(RCA)を行っています。事例に対する発生原因の特定、対策立案、改善後の結果について、プレゼンテーション形式で発表会を行い、院内で共有しています。

事例分析手法の教育

(ウ)Team STEPPS研修
 医療現場で発生する重大なインシデントは、その多くにコミュニケーションエラーが関与しているといわれています。私たちはTeam STEPPS研修を通じて、ノンテクニカルスキルの重要性を学び、職員のコミュニケーション能力向上に努めています。

Team STEPPS研修
3.医療事故防止に向けた職員への啓発活動

(ア)PMDA・医療機能評価の医療安全情報の周知

(イ)医療安全ニュースの発行


医療安全カンファレンス

医療安全対策委員会の全委員と病院各部門リーダーに対し、各部署のセーフティマネージャーが自部署の医療安全に対する取り組みを報告しています。カンファレンスは毎週1回開催され、病院幹部と直接意見交換ができる場となっています
医療安全カンファレンスの風景

分析活動

1.インシデント報告の収集と根本原因分析(RCA)

インシデント報告とは、一歩間違うと事故につながりかねないような出来事(インシデント)を医療現場で発見した際に職員が提出する報告書です。医療安全対策室では、その内容を分析し、院内で共有することにより、類似するインシデントの再発や、医療事故・医療過誤の発生を未然に防止することに役立てています。インシデント報告数の多さは、医療安全文化の高さを示していると考えています。

2.インシデント再発防止対策の立案と検討・対策のモニタリング

3.故障モード影響度解析(FMEA)

 医療現場の業務プロセスに潜んでいるリスクを分析し改善することで、事故やインシデントを未然に予防する取り組みを行っています。
 FMEAワークショップでは、分析テーマに関わっている職員が集まり、FMEA手法を学ぶとともにリスク評価、リスクの優先度に応じた対策の実施により、リスク低減につなげています。

 
リスク分析(FMEA)ワークショップ

各種委員会活動

  1. 医療安全対策委員会
  2. 医療安全対策部会
  3. 医療安全対策セーフティマネージャー部会
  4. 医薬品適用外審査委員会
  5. 新規医療技術審査委員会

その他の活動

  1. 患者安全に関するルールの策定
  2. 医療事故に対する対応
  3. 医療安全患者相談
  4. 近隣医療施設との医療安全連携
  5. 私立医科大学病院分院の相互ラウンド
  6. 医療安全推進週間のイベント活動
相互ラウンド風景

 

医療安全推進週間の風景

 


医療の質・医療安全監査委員会

 当院は高度かつ先進的な医療を実施しています。医療の質の向上に役立て、より一層高度な管理運営体制を確保するために、医療の質・医療安全監査委員会を設置しています。
 医療の質・医療安全監査委員会は、中立的かつ客観的な立場から監査し、必要な是正措置を講ずるよう助言を行います。また医療の質並びに医療安全対策及び感染対策の実施に係る体制及び業務の状況を監査し、安全で安心な医療を提供することを目的としています。

報告書

医療安全対策室業績

学会発表

・第69回日本病院学会 開催日:2019年8月1日~8月2日

発表内容:「当院における放射線画像診断読影結果の確認システム」
「当院における内視鏡の洗浄履歴管理システム」
「当院における転倒転落の実態調査と課題」

・第14回医療の質・安全学会学術集会 開催期間:2019年11月29日~11月30日

発表内容:有害事象の抽出精度向上をめざした医療安全対策室の活動
救急カート一元管理後の取り組み報告と実態調査
緑内障の患者に抗コリン作用薬を使用したインシデントへの対策
ニアミスインシデントレポートにおけるプロセス分類法の検討

講演

第2回薬剤安全セミナー

主 催:日本医療機能評価機構 認定病院患者安全推進協議会 開催日:2019年12月6日

講 演:「当院のアレルギー対策 ~薬剤を中心に~」

医療安全管理指針